トップ 自動車教習所口コミナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

自動車教習所口コミナビ自動車学校で学ぶ(実技編) > 卒業検定に向けて
合宿免許受付センター

卒業検定に向けて

卒業検定に向けての画像

修了検定を受けて技能も学科も合格すれば、いよいよ仮免許を交付されて路上運転です。

運転免許はもう目の前です。

しかし、路上研修にでるということは、一般のドライバーと一緒に走るということです。

これまでのように、周りはみんな初心者で場内をゆっくりと走っているわけではありません。

制限速度ぎりぎりで走っている車もあれば、ずいぶんゆっくりと走っている車もあります。

ドライバーも老若男女様々で、みんな等しくハンドルを握っています。

こうした状況を理解するためにも、最初の時限は路上運転に当たっての注意と路上運転前の準備をきちんと習います。

そうした路上教習の心構えをつくるのです。

一般の路上でとても大事なことの一つは周りの車と合わせた、すなわち交通の流れに合わせた走行を行うことです。

車同士が一定の速さで流れるように走っている時は事故も起こりにくいものです。

その逆に1台だけが、極端にゆっくりなスピードで走ると、安全にはまったく逆効果です。

かえって後続車のドライバーがイライラして重大な事故にもつながりかねません。

つまり交通の流れに合わせた走行が何よりも大事なのです。

このことを路上教習で学びます。

さらに適切な通行位置や進路変更の仕方。

特に往復何車線もあるような道路ではなかなか進路変更ができないかもしれませんが、教官の適切な指導によってすぐにできるようになるでしょう。

また路上教習に出ると、周りには歩行者もいます。

横断歩道を渡る高齢者から通学中の小さな子供もいるかもしれません。

こうした歩行者やあるいは自転車に乗った人などを保護することも重要です。

歩行者が車に気付いている場合には、1メーター以上、横の間隔をあける、もし気づいていなかったら1.5メーターといったようなことは、教習所だからこそ教えてくれるといえるでしょう。

そんな技能を学びます。

さらに方向変換や縦列駐車も大事です。

縦列駐車が苦手という方も多いようですが、教習所できちんと練習しておけば、あとで困ることもありません。

またわざと急ブレーキを踏むような訓練もあります。

一度は思い切りブレーキを踏んでおかないと、とっさの時にブレーキを踏みこむことができないからです。

そして見極めが終わったらいよいよ卒業検定です。

車・バイクの免許取るなら【合宿免許受付センター】

自動車教習所口コミナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 段階があるの?

学科教習は第一段階と第二段階に分かれています。 第一段階では、運転することの無い方でもしっていなければならない、いわば交通ルールについての常識的なことを勉強します。 講義を受ける内容の多くのことを既に知っていることも多いでしょうから、少し物足りなく感じるかもしれません。 それでも馬鹿にするのは禁物です。 第一段階で勉強する学科教習の内容は、知っていなければ即命に関わることも多いのです。 例えば、信号の規則や踏切の渡り方など、折に触れて、両親や学校に教えてもらえるような内容と

自動車教習所口コミナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。